教室で行われるテスト問題作成の秘訣 • Tips for Item Writing for Classroom-based Tests

Page No.: 
8
Writer(s): 
真継 左和子 Sawako Matsugu, 立教大学 Rikkyo University

本論では、教室で実施される客観テストに使用される問題の作成に必要な3つのステップを紹介する。具体的には、1. カリキュラム全体のゴールや学習行動目標の決定と構成概念の構築を含むテスト準備、2. テスト細目表の作成、3. 問題作成である。評価は授業と密接につながっており、授業は学習行動目標が反映されていなければならない。したがって、学習行動目標なしにテスト作成はできない。さらに、構成概念や授業で学習したユニットやトピックをバランスよく測定するにはテスト細目表が非常に便利である。テスト細目表とは、学習行動目標とトピック等の内容を二方向に1つの表にまとめたものである。最後に、テスト問題を作成するにあたって言語やフォーマット関連等の様々な注意点を紹介する。

This paper introduces three important steps for writing items in objective tests used in classroom-contexts; namely, preparing for the test, which includes writing course goals and objectives and defining the construct, making a table of specifications, and writing items. Because assessment is deeply intertwined with instruction, which reflects pre-determined course goals and objectives, tests cannot be developed without instructional goals and objectives. Furthermore, in order to assess constructs and units/topics covered in the class in a balanced manner, a table of specifications, which is a two-way chart that lists both the instructional objectives and test content, is an important tool. Finally, several tips for developing items are introduced.

PDF: 
Website developed by deuxcode.com