online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Teaching English Through English: An Analysis of a Sample of Japanese and South Korean Textbooks

Page No.: 
15
Writer(s): 
Diane Johnson, Keiko Umeda, Kyoungja Oh, The University of Waikato

In many parts of Asia, the national curriculum for English in schools recommends that teachers should use English as a medium of instruction. We analyzed samples of Ministry of Education-approved textbooks and teachers’ guides produced in Japan and South Korea in order to determine how the authors interpret this recommendation. There were clear indications that they had difficulty in complying with it. The selection, ordering and presentation of materials appeared to be predicated on the assumption that the teachers would use translation as a primary means of conveying meaning. However, the appearance of at least partial compliance was provided by the inclusion in teachers’ manuals of formulaic monologue sections in English which could be used to frame lessons and lesson segments. 

アジアの多くの地域では、英語の授業はできるだけ英語で行うことが学校教育課程で奨励されている。本論では日本、韓国の文科省により採択された教科書と教師用指導書を分析し、著者らがどのようにその状況を解釈しているかを調べた。著者らはその勧告の適応に困難を感じていることは明らかであり、そういった教材は教師による翻訳が主な意味伝達手段であることを前提としているようである。とはいえ、期待されている状況に応じるべく教師用指導書の中では、少なくとも定型表現を含むモノローグが英語で提供されている。これは授業やその一部を構成する上で使用可能であろうが、生徒からの想定回答も提示され、その結果、人工的でオーセンティック(生きた英語)ではない教師中心の授業になる傾向がある。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com