online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Facebook vs. Paper-and-Pencil Writing: Comparing Japanese EFL Students’ Opinions of the Writing Mediums

Page No.: 
3
Writer(s): 
Gilbert Dizon, Himeji Dokkyo University

Although current literature indicates that L2 students have mostly favorable attitudes towards Facebook, no study has incorporated a control group to examine learners’ views of the social-networking service (SNS). Thus, it is unknown if L2 students view the SNS more positively than other writing mediums. This study seeks to fill this gap by analyzing the views of Japanese university EFL students. The learners were divided into two groups: one which used Facebook for writing tasks (n = 16) and another which used paper-and-pencil (n = 14). A nine-item Likert-scale questionnaire was administered to assess the students’ opinions towards the writing mediums. The results revealed that the Facebook group had more favorable opinions towards eight of the survey statements. Interestingly, however, the learners in the paper-and-pencil group preferred their writing medium to a greater degree. These findings highlight the mixed opinions L2 students can have towards Facebook despite its perceived benefits.

先行研究では、第2言語(L2)学習者がFacebookについて概ね好意的な捉え方をしていると示されている。しかし、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に対する学習者の意識調査で、対照群を設定した調査研究は行われていない。それゆえ、L2学習者がSNSを他のライティング手段よりも好ましいと考えているかどうかは明らかでない。そこで本論は、EFL学習者である日本人大学生の意識を調査・分析し、先行研究の不足を補うことを目的としている。本論では、学習者を2つのグループに分け、1つはFacebookを用いたライティングを行うグループ(16名)、もう1つは筆記用具を用いるグループ(14名)とした。これら2つのグループに、リッカート尺度による9項目のアンケート調査を実施し、それぞれのライティング手段に対する学習者の意識を調査した。その結果、Facebookを使用したグループは、調査項目のうち8項目において、筆記用具を使用したグループよりも、より好意的な意見を持っていることが明らかになった。しかし興味深いことに、自分が利用したライティング手段のほうが好ましいという認識は、Facebookを利用したグループよりも筆記用具を利用したグループのほうが高かった。これらの調査結果は、Facebookにさまざまな利点が認められるものの、L2学習者にはFacebookに対して多様な受け止め方がありうるということを示している。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com